宝の持ち腐れ!中古着物は高く売れる!!

タンスの肥やしになっている着物を処分するには

着物は古くから日本人に親しまれてきた衣服で、現在においても普段着として着物を着る人は少なくありません。また、普段は着ないにしても、パーティや結婚式など、晴れやかな場でフォーマルとして着物を着るという人も多くいます。 しかし、着物を仕立てる、あるいは購入したものの、数回着ただけで着る機会が無くなってしまったという事もよく聞かれる話です。着物は洋服と違い、和ダンスに収納する必要がありますし、定期的に虫干ししなければ虫食いやカビ、シミ等の原因にもなってしまいます。 タンスに死蔵している着物の処分に困ったときには着物買取の専門店に持っていけば現金に替えることが可能です。 古いものや傷みのある物でも買取の対象になる可能性があるのでまずは相談してみると良いでしょう。

着物の買取額をアップさせるには

着物を買取してもらいたい時、古い着物や傷みのある物は売れないと諦めてしまうことがあります。確かに古いものや虫食い、シミなどのあるものは状態の良いものに比べると査定額は低くなってしまいます。しかし、こうした着物も、一度に複数の物をまとめて売ったり、和装小物などを一緒に売ることで査定額のアップに繋げることができます。 売りたい着物が複数ある場合には、一着ずつ売るよりもまとめて売ったほうがお得です。 また、古いものでも、大正時代や昭和初期の物はレトロ着物やアンティーク着物としての需要があるため、思わぬ査定額がつくこともあります。 多くの買取店では無料査定を実施していますので、まずはどれくらいの価値があるかを気軽に確認してから売るかどうかを決めるのも良いでしょう。